トップ | 学校案内トップ | 教育プログラム

■中学校

学芸独自の中高一貫教育「学ぶ力」と「人の力」を伸ばす独自の教育。
本校では、知性のみでなく、感性・道徳性を重視して人間性を調和的・全面的に発展させる「全人教育」を基本としています。中高の重複部分を省き、質の高い独自の一貫教育により、6年かけて一人ひとりの能力を引き伸ばします。また、「芸術科を有する中高一貫の進学校」としての特性を生かし、高校生と中学生が行事や部活動を通して交流することにより、バランスのとれた人間性を育んでいきます。
学芸独自の教育
〈知〉勉強する習慣を身につける

高校の教育方針「進学実績を上げる」「基本的学習習慣の確立」に対応する。

〈情〉豊かな感性を身につける

朝の読書、筆写・合唱コンクール・芸術鑑賞などの学芸タイムの時間、美術・音楽の授業などを通して養成。

〈意〉規則を守る心を身につける

高校の教育方針「基本的生活習慣の確立」に対応する。

 
教育プログラム
教育プログラム
中学校における基礎的・基本的な部分の学習を行い、学力の定着をはかる。

  • 学習習慣の確立による基礎学力の向上
  • 習熟度別授業(中2・中3英数)
  • 朝の読書
  • 宿泊訓練
  • 論理エンジンの導入
原則的に学習指導要領の許す範囲内で高校の教育課程の先取り学習を行う。また標準レベルの高校の学習は5年生(高2)で修了する。高校の学習の主要な部分を進路展望をはかりながら発展させる。
  • 個別面談の充実(年3回以上)
  • 長期休暇中におけるゼミの実施
  • 朝の学習
  • 大学見学会
  • 卒業生学習フォーラム
  • センタートライアルの実施
原則的に学習指導要領の許す範囲内で、大学受験対応の発展レベルの学習を行う。

  • 直前対策ゼミ
  • 勉強合宿
  • 学習コーチプログラム

学芸ゼミの講座
※110以上の講座がある「夏期ゼミ」のほか、「冬期ゼミ」「大学入試直前対策ゼミ」「春期ゼミ」を実施。
■ 学芸中学校の教育課程表
学芸中学校の教育課程表 学芸独自の学習システム
■ オリジナルテキスト
学芸の授業では、教科書を用いる場合もありますが、教師が作成したオリジナルのテキストやプリントを基本として学習を進めます。これにより高校の内容も取り入れながら、深い知識を身につけることができます。
オリジナルテキスト
■ 職員室質問コーナー
休み時間や放課後になると、生徒たちは職員室へ勉強の質問に行きます。特に試験前ともなれば、生徒たちでいっぱいに。教師は生徒がわかるまで、一人ひとり丁寧に学習指導します。
職員室質問コーナー
■ 学習プログラム「シラバス」
「シラバス」と呼ばれる授業計画案に基づき、高校の学習も先行して学びます。いつ何をどのように学ぶのかわかるので、生徒自身が目標を持って計画的に勉強することができます。
学習プログラム「シラバス」
■ 習熟度別授業
数学と英語は、2年次から習熟度に合わせて授業を行います。クラスは定期テストごとに編成。生徒の理解度に応じた指導により、一人ひとりが確実にわかった上で次に進むことができます。
習熟度別授業
■ 中学部通信
月に3~4回「中学部通信」を発行。行事・コンクール・部活に関するお知らせ、学芸の活動が載った新聞記事や社会奉仕活動の紹介など、保護者の方にも学校の様子がわかるよう伝えています。
中学部通信
■ 「ネイティヴ」の授業
本校の英語では、週6時間のうち1時間を外国人講師によるネイティヴの授業にあてています。生きた英会話で進める授業を通じて、生徒たちは英語を話す楽しさを知り、正しい発音を身につけることができます。
「ネイティヴ」の授業

■ 「歩夢の記」
日々の学習計画と実践結果、生活の記録を生徒自身が書き込む「歩夢の記」。自分の生活を振り返るとともに、学習習慣と生活習慣を身につけていきます。また、担任は生徒の様子を個別に把握し、指導していきます。
歩夢の記
 
学芸タイム
学芸タイムは、道徳と総合学習の時間を包括した「全人教育」の柱となる授業です。本校独自の「筆写」をはじめ、教科以外の校内外活動および学習により、自己を磨き、仲間と触れ合い、調和のとれた人間性と社会性を育みます。

学芸タイムの詳細情報はこちら

学芸タイム

  • 学校案内デジタルブック
    中学、高校の学校案内を閲覧できます。
  • ときわの会
    本校卒業生の会です。
  • 帰国子女編入学・県外者転入学
    帰国子女編入学・県外者転入学の情報です。
  • 合同進学フェア
    6/4(日)中高一貫校合同フェア
  • 学校長挨拶
  • 学校概要
  • 教育プログラム
  • 合格実績
  • 学校行事
  • 部活動の様子

ページトップへ戻る

〒430-0905 静岡県浜松市中区下池川町34番3号 TEL:053-471-5336 FAX:053-475-2395
E-mail: gakugei-info@gakugei.ed.jp

教育プログラム