目指す授業像

目指す授業像

目指す進路につながる時間。
50分の授業に、学芸のすべてがある。

教師の成長が
授業の質を高める

本校では、教師自身も学び続ける姿勢を大切にしています。“T-Labo”という教育研修を通じて、授業の質を高めるための研修を実施。その集大成として「目指す授業像」を定め、授業のあり方を明確に示しています。

主体性と探究心を
育む学び

生徒自身が能動的に学ぶ、アクティブラーニングを重視しています。生徒同士で学び合ったりグループで課題解決に取り組んだりする「協働学習」を多く取り入れ、主体性や探究心を育んでいます。

自分で計画を立て、
振り返る

本校の生徒は「マイ スタディプラン」という手帳に学習計画を立て、学びを進めます。実施した結果を振り返り、改善につなげることが、重要なポイントです。その過程を年3回以上の別面談でフォローします。

国語

論理的な思考力と
的確な表現力の育成

主張や主題を理解し、
考える力を育む
言語能力を高め表現する力を養う


国語
岩田 幸裕

文章構成を意識しながら読解する力を育み、他者との学び合いの中で視野を広げます。こうした学習を通じて、道筋を立てて思考し表現する力を高め、あらゆる知的活動の土台となる国語力を身につけます。

数学

対話する授業

「なぜ?」を大切にする教師と生徒の対話
「どう解く?」を追究する自分自身との対話
「どうして?」を説明する生徒間の対話


数学
鈴木 愉宇

教師と生徒のやり取りを重んじる解説、徹底的に自問する演習、とことん仲間と語る学び合い。これらを通じて本質的な理解を追い求める姿勢、そして自らが理解したものを他者へ確実に伝えられる力を身につけます。

英語

英語ができる、世界が広がる
~Broaden Your Horizons~

4技能の向上、
Learn&Practice、
グローバルな視野の獲得


英語
菅原 裕明

英語を使いこなすために必要な基本ルールを習得し、学んだことを実践的に活用できる授業が学芸には用意されています。英語学習を通じて異文化を理解するとともに4技能5領域の運用力を高めることによって、社会に出ても通用する英語力の土台を作ります。

地歴・公民

身近に感じる社会

興味関心を高める授業
知識・学力を確立する授業
自己の意見や立場を明確にする授業


地歴・公民
柴田 剛

オリジナルテキスト等を使用して、確かな知識・学力を確立し、深い思考力を養います。また身近な題材から生徒自らが現代の社会における課題を発見し、その解決策を他者にむけて自己の意見や立場を明確にし、社会に貢献できる人材を育成します。

理科

科学的な探究心の育成

共に学び合う学習の機会
知識・技能の定着
思考力・表現力の養成


理科
髙力 崇

オリジナルテキストやグループワークを活用し、学び合いの中で効果的に知識や技能を定着させます。また、演習を多く取り入れ、実験やレポートを通して思考力や表現力を高めます。これらを土台として、科学的な探求心の育成を目指します。

保健・体育

自立&自律

生活力と自己コントロールと
リーダーシップの育成


保健・体育
伊藤 守彦

保健では、グループワークを中心に、健康への関心を高め、自身の心身の向上を考えます。体育では、球技を中心に、チームワークの向上やフェアプレーの意識を高め、自分たちで試合運営ができるようにします。

音楽・美術・書道の共通テーマは、
「好きなことを深く学ぶ」。

音楽

響き合う感性

歌唱・器楽・鑑賞の学習を通して、協働して音楽を感じ、共に表現する喜びを体験します。音楽により自己表現する力を養います。

美術

美術がもっと好きになる

基本的な知識・技能を身に付けると共に、表現活動を通し自己の内面と向き合い、人生の糧となる美意識を養います。また共同制作や発表・鑑賞も行いコミュニケーションやプレゼンテーション能力を育成します。

書道

書の美を追求し、創造し、表現していく

「気づき」「発見」し、感性を高めながら、表現と鑑賞の基礎的な能力を向上させます。書くことに加え、書や文字文化についての理解を深めます。

目指す授業像

Feature