探究活動・部活動

探究活動・部活動

探究活動・部活動 最近の活動報告

充実した「探究活動」と「部活動」。
好きなことに取り組んだ経験が、将来の糧に。

※「探究活動」と「部活動」からどちらか一つ、または一つずつ選んで活動します。

探究活動

「探究活動」は、生徒の自主性を育む場。

好きなテーマを深く掘り下げ、探究した成果を文化祭などの場で発表する。そうしたプロセスを体験するのが、本校の「探究活動」です。
「人文科学」「社会科学」「自然科学」「芸術」「生活」の5分野からテーマを決め、課題解決に取り組みます。
探究活動は、仲間と協力しながらひとつのことに向き合う、貴重な「体験の場」です。
文化や歴史などの知的遺産を探究するものから、プログラミングやアプリ開発、動植物に関する研究活動を行うもの、芸術や日本の伝統文化に触れるものなど、テーマは多岐にわたります。
「高校時代にこんなことに挑戦しました」と胸を張って語れるような、貴重な体験になるはずです。

部活動

同じ目標を持った仲間と、「好きなこと」に全力を注ぐ。
その先にきっと、大きな達成感が待っている。

生徒のコメント

強い信念を持って練習に取り組んでいます。吉澤 道心さん/ゴルフ部

ゴルフ部ではプレーの上達をめざすことはもちろん、挨拶などの礼儀やどんな時も前向きに考える力を身につけることができます。ゴルフとは、「今までの自分に勝つ」という姿勢が必要なスポーツです。どんな状況でも途中であきらめず、強い信念を持って練習に取り組んでいます。

研究成果を学会などで発表しています。白川 巧弥さん/自然科学

積極的に野外活動に取り組み、研究成果を学会などで発表しています。特に力を入れたのが、トウカイコモウセンゴケの葉色の変化などの調査です。地道に観察した結果を論文発表し、2020年度の「小・中学校プレゼンテーションコンテスト」でヤマザキ奨励賞をいただきました。

練習の成果が実りました。増田 純輝さん・中村隆文さん/テニス部

大会で勝つために、フットワークや球出しなどの基礎的なトレーニングを丁寧に行いました。プレッシャーがかかる中でも力を出し切って勝てるよう、精神力を鍛える努力をしました。その結果、静岡県の大会でベスト4に入ることができ、とてもうれしく思います。次は順位を一つ上げて、ベスト3に入りたいと思います。

令和2年度の実績

ゴルフ部

静岡県ジュニアゴルフ選手権
高校女子Bの部優勝
中学女子Bの部3位

卓球部

東海高等学校新人卓球大会
女子学校対抗 8位

テニス部

静岡県高等学校新人体育大会テニス競技
団体の部 4位

写真部

第38回静岡県高等学校写真コンクール兼令和2年度静岡県高等学校総合文化祭写真部門
特別賞(メイワン賞)

吹奏楽部

第25回全日本中学生・高校生管打楽器 ソロコンテスト
静岡県大会 金賞

ポピュラー音楽

第6回静岡県高等学校軽音楽大会
奨励賞

社会科学・地域調査班

第5回全国高校生SBP交流フェア
三重県知事賞(全国2位)
観光甲子園2020 訪日部門
グランプリ (全国1位)

社会科学・クイズ研究会

AQL(全日本クイズリーグ)2020 静岡リーグジュニアの部
県大会優勝
全国大会出場 2位
第15回エコノミクス甲子園全国大会
2位

自然科学

小・中学生プレゼンテーションコンテスト
ヤマザキ奨励賞
第58回 静岡県高等学校生徒理科研究発表会
県大会 最優秀賞

人文科学・文芸創作

第46回高校生文芸作品コンクール
奨励賞

芸術 [書道]

第44回全国高等学校総合文化祭書道部門優秀作品展示代替審査会
読売新聞社賞・奨励賞 (第3位相当)
第29回国際高校生選抜書展 (書の甲子園)
中部・北陸地区優勝